2013年03月12日

膀胱炎




 
 今トイレに行ったのに、又行きたくなったりおしっこをしたのにまだ残っている感じがしたり(残尿感)こんな症状があったら膀胱炎を疑ってみてください。膀胱炎も尿失禁の原因になります。

 膀胱炎は圧倒的に女性に多い病気です。それは女性は男性に比べて尿道が短く膣や肛門等と近く細菌が膀胱にはいりやすいことにあります。それ以外に冷え性・ストレス・トイレを我慢する等原因は色々です。
 一度膀胱炎になってしまうと繰り返す恐れもあります。膀胱炎について理解して発病・再発を自分で防ぎましょうexclamation×2

 膀胱炎のとは
 膀胱とは伸縮性のある袋状のもので尿管を通ってきた尿が溜まるところです。この膀胱が何らかの原因で炎症を起こした状態を膀胱炎と言います。
 膀胱炎は大きく分けて急性膀胱炎と慢性膀胱炎に分かれます。
 急性膀胱炎は強い症状があらわれ大腸菌やブドウ球菌等の細菌が原因でおこる膀胱炎です。慢性膀胱炎は、 痛みなどの症状は少ないんですが、慢性的に炎症が続くため治療に時間がかかるようです。慢性膀胱炎ははじめから慢性的な症状があるものと、急性から慢性へ変わっていく場合とあります。
 又膀胱結石等何らかの基礎疾患が原因となっている場合があり注意が必要です。

 
 急性膀胱炎
 細菌が原因で起こります。症状はまず頻尿になります。普通トイレの回数は1日に4~5回ぐらいですが、膀胱炎になると極端に回数が多くなり1日に10回以上行きたくなります。
 又炎症を起こした膀胱が刺激されるため排尿後に強い痛みがおこります。更に炎症を起こした膀胱の粘膜や白血球などが混じって尿が白く濁ったり血尿がでたりします。
 他に熱が出る場合もありますが、高熱は出ません。高熱が出た場合は腎盂腎炎を疑います。

 慢性膀胱炎
 慢性膀胱炎には何らかの基礎疾患が原因で細菌が膀胱内に入り炎症を起こす“慢性複雑性膀胱炎”というのがあります。急性膀胱炎と同じで頻尿や排尿時の不快感があったりすることもありますが、症状は軽く自覚症状がない場合もあります。他の疾患の検査や人間ドック等で偶然に見つかることも少なくありません。
 原因となる基礎疾患には前立腺肥大・膀胱結石・尿道結石・腫瘍などが挙げられます。この基礎疾患を治さないと感染が治らない事が多いといわれています。

 膀胱や尿路に何ら異常のない人で慢性的に炎症が続くのが“慢性単純性膀胱炎”といいます。

 間質性膀胱炎
 これは原因不明の膀胱炎です。トイレに行く回数が増える・どうもスッキリしない・排尿後の痛みがある等細菌性の急性膀胱炎と似ていますが、違っているところは尿検査をしても細菌が見つからところです。症状はひどくても検査して異常が見つからないため精神的なものexclamation&questionと思われがちなところもあるようですので専門医への受診が必要なです。
 診断を確かにするためには、膀胱鏡検査を受ける必要があります。
 又最近まで泌尿器科でもあまり知られていなかったため、診断に時間がかかるようです。

 出血性膀胱炎
 尿に血が混ざる・トイレの回数が増える・排尿後痛みがある・残尿感がある等の症状があります。
 原因はウイルスや細菌感染が原因と言われています。子供がかかりやすいアデノウイルスが一番多いとされています。  
 その他に薬によるものとしては、抗がん剤(シクロホスファミド・イホスファミド)・免疫抑制剤・抗アレルギー薬・抗生物質・漢方薬等でも起こることがあります。
 
 
posted by ミーナ at 13:37| Comment(0) | 尿失禁の原因疾患 | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

001

 SEO対策支援相互リンクLINKSITE.BIZ
 SEO対策支援の相互リンク検索エンジンです

しんきとうろく106
 即時反映型!あなたのサイトを新規登録します

 相互リンク・SEO対策 Link1-2-3
 アクセスアップ、ページランクアップ、SEO対策のための無料の相互リンク集です。新規登録サイト募集中!
posted by ミーナ at 17:50| Comment(1) | リンク集 | 更新情報をチェックする

日常生活の注意点




 軽度の尿漏れは、日常生活を少しだけ注意しただけでも、改善することができます。尿漏れの不安におびえて暮らさなくてもいいように日頃から気を付けましょう。

 ○太りすぎない
  肥満になると分厚い脂肪が膀胱や子宮を圧迫して、尿漏れを起こしやすくなります。又体重が増加すると骨盤底筋群が弱くなり尿失禁を引き起こす可能性が高くなります。日頃から食事には十分気を付けて、太りすぎないようにしましょう。

 ○水分を適量とる  尿漏れのある人は、いつ漏れるか不安で水分を控えている人が多いのではないでしょうか?
  あまり水分を控えるのは逆効果になります。排尿機能や排便機能を良い状態に保つためにも、老廃物を尿として排出するためにも、菌を出して膀胱炎等を防ぐためにもある程度の水分は必要です。
  1日1~1,5ℓは水分を取るようにしましょう。

 ○飲み物には注意
  コーヒー・紅茶・お茶・ビール等は利尿作用がありおしっこに行く回数を増やしてしまいます。刺激物はなるべく控えたほうがよいでしょう。

 ○便秘を予防する
  便秘をすると膀胱を圧迫したり、骨盤底筋を弱めて尿漏れをを起こしやすくする可能性があります。
  食物繊維の多い野菜や豆・海藻等・ヨーグルト等を十分にとり、排便を習慣づけて便秘になるのを防ぎましょう。

 ○適度な運動やスポーツをする
  運動やスポーツは肥満防止にもなりますし、腹筋や背筋等の筋肉が鍛えられ下半身が強くなれば、骨盤底筋のゆるみの改善につながります。又気分転換やストレス発散にも一役かってくれることでしょう。
  運動やスポーツをするときには尿取りパッド(肌に優しい下着専門店インナーサポート T-collection )等を使用し、強い運動は避けましょう。

 ○体を冷やさない  体が冷えるとおしっこの回数も増え、尿漏れの症状を悪化させる可能性があります。
  トマトやレタス・バナナ・みかん・スイカ等は体を冷やす食べ物です。尿漏れを悪化させる恐れがあります。

 以上のような点に気を付けて生活してください。

 尿漏れの症状が出てくると睡眠不足になったり、ストレスが溜まったりしてしまいがちです。リラックスして過ごしましょう。
 又外出やスポーツゴルフ・旅行いい気分(温泉)等今までしていたことも尿漏れが気になってできなくなっていませんか?ケア用品をうまく利用すれば、人にも気づかれず生活できます。今まで通りに自分の生活を積極的に楽しんでくださいexclamation×2
posted by ミーナ at 08:16| Comment(0) | 生活上の注意点 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。