2013年03月29日

変形性腰椎症




 変形性腰椎症とは加齢などが原因で起こる病気です。腰には5つの椎骨と椎骨と椎骨の間にある椎間板が変形して慢性的な痛みを生じる病気です。

 椎間板は年を取ると水分が減少したり弾力性がなくなったり、つぶれたりして椎間板の隙間が狭くなります。又椎骨に骨棘と呼ばれる骨の棘を作って神経を圧迫したりします。

 変形性腰椎症の症状
 主な症状は腰痛です。朝起きて動き始めるとき等動作を始める時に痛みが強く出るのが特徴です。動いているうちに痛みも軽くなります。腰のだるさやしびれ・こわばり等の症状もあります。
 又姿勢が悪くなったりします。腰椎は普通軽く“前弯”していますが、それが後方へ弯曲したり椎間板が左右に変形する“側弯”が起きたりします。


 変形性腰椎症の治療
 変形や変性元通りになるのは難しい為、治療の基本は痛みをを改善し日常生活に支障のないようにするための対処療法になります。
 
 ☆薬物療法が中心です。
 非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬で痛みを軽減したり、筋肉のコリをほぐしたりします。神経の修復を図るためにビタミン剤なども用いられます。
 内服薬のほかに貼り薬や塗り薬・注射・座薬も使われることもあります。

 ☆神経ブロック
 “トリガーポイント注射”痛みを強く感じる点に局所麻酔剤を注射します。繰り返し注射することで痛みを 改善する事もできますが、トリガーポイント注射で効果が得られない場合は“硬膜外ブロック”や“神経根ブロック”等を行います。神経根の周囲に局所麻酔剤や局所麻酔剤にステロイド剤を一緒に注入します。

 ☆装具療法
 患部を固定するためにコルセットを装着します。

 ☆理学療法
 ベルトをまいて機械で引っ張る牽引やホットパックなどで温める温熱療法・マッサージ等があります。

 筋力強化のためにも症状が軽い時は腰痛体操やストレッチ等を行うとよいでしょう。
 これらの治療は根本的に治すものではありませんが、痛みが楽になって日常生活に支障をきたさないようにすることもできます。

 
posted by ミーナ at 22:15| Comment(0) | 尿失禁の原因疾患 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。