2013年03月23日

膀胱結石




 膀胱結石とは
 腎臓で作られた尿が体から排出されるまでの路を尿路と言います。尿路には腎杯・腎盂・尿管・膀胱・尿道とありますが、どこでできたかによって腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石と呼ばれています。

 膀胱結石には腎臓や尿管でできた石が膀胱まで流れてきたものと、膀胱でできたものの2種類があります。
 ほとんどが腎臓や尿管結石で膀胱結石は発症率の低い疾患です。

 尿管より尿道の方が広いため、腎臓や尿管でできた結石が膀胱まで流れてきた場合排尿時に尿と一緒に石も排出されることが多いのですが、前立腺肥大や神経因性膀胱など泌尿器の病気があると排尿しても尿が膀胱に残り、石が大きくなったり、石ができたりするようです。

 膀胱結石の症状
 血尿・頻尿・残尿感・排尿痛・排尿困難等の症状があらわれます。

 
 膀胱結石ができる原因
 前立腺肥大症や神経因性膀胱・尿道狭窄等の疾患が原因と言われています。
 又何らかの異物が原因でその周りにカルシウムやその他の物質が沈殿して石を作ることもあります。
 細菌感染や代謝異常・内分泌障害・薬剤の副作用・女性ホルモン・食生活等も原因の一つに挙げられていますが、原因不明のことも多いようです。


 膀胱結石の検査
 尿検査・・・・潜血反応検査(尿に血が混じっているかどうか)や沈渣(尿中の沈殿物を顕微鏡で見る)で結       石の有無を調べる

 X線検査・・・X線によって結石の有無や位置・大きさ等を確認する
 超音波検査・・超音波を臓器にあて反射した超音波を映像化して石の大きさや位置等を見る
 CT検査や血液検査も行われます。

 膀胱結石の治療
 小さい結石の場合は自然に排出される場合があるので、水分を摂ったり運動や薬剤等で自然排石を待つことになります。
 大きい結石(1cm以上)の場合は自然排石は困難なため治療することになります。

 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)
 体外から衝撃波を体内の結石に集めて結石を砕き尿と一緒に石を体外へ排出する方法です。これは麻酔を使わず鎮痛剤のみでできる方法です。ESWLのおかげで開腹手術をする必要が少なくなっています。

 内視鏡手術
 経尿道的尿管砕石術(TUL) 
 尿道から内視鏡を挿入しレーザー光線で石を破砕します。ESWLができないような患者さんに行われます。
 大きい石やX線で見えにくい石に用いられます。麻酔下で行われ3~7日ぐらいの入院が必要なようです。


 膀胱結石の予防 
 水分を多めにとる(1日1,5~2ℓぐらい)
 尿量が少なくなると尿の成分が濃くなり沈殿物が多くなります。尿量を多くすると結石の形成の予防になりますので、水分を多めにとりましょう。
 夏も汗をかいて尿量が減少しますので、水分補給に心がけてください。水かお茶が適していると思われます。 
 結石の原因物質はシュウ酸・尿酸等です。清涼飲料水・コーヒー・紅茶・アルコール類の過剰摂取は避けましょう。

 バランスのとれた食事
 朝食を抜いたり、夕食や夜食の食べ過ぎに注意をしましょう。
 脂肪・塩分・砂糖・動物性蛋白質等の摂りすぎに注意が必要です。
 クエン酸・マグネシウム・食物繊維等を摂りましょう。
 
 
 一度結石になった人は半数近くが再発すると言われています。日頃から食生活に気を付けることで発症や再発予防もできるようです。結石はとても痛い疾患です。規則正しい食事と運動で結石にならないで元気に毎日過ごせるようにしましょう。
 
 
 
 
posted by ミーナ at 09:54| Comment(0) | 尿失禁の原因疾患 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。