2013年03月11日

日常生活の注意点




 軽度の尿漏れは、日常生活を少しだけ注意しただけでも、改善することができます。尿漏れの不安におびえて暮らさなくてもいいように日頃から気を付けましょう。

 ○太りすぎない
  肥満になると分厚い脂肪が膀胱や子宮を圧迫して、尿漏れを起こしやすくなります。又体重が増加すると骨盤底筋群が弱くなり尿失禁を引き起こす可能性が高くなります。日頃から食事には十分気を付けて、太りすぎないようにしましょう。

 ○水分を適量とる  尿漏れのある人は、いつ漏れるか不安で水分を控えている人が多いのではないでしょうか?
  あまり水分を控えるのは逆効果になります。排尿機能や排便機能を良い状態に保つためにも、老廃物を尿として排出するためにも、菌を出して膀胱炎等を防ぐためにもある程度の水分は必要です。
  1日1~1,5ℓは水分を取るようにしましょう。

 ○飲み物には注意
  コーヒー・紅茶・お茶・ビール等は利尿作用がありおしっこに行く回数を増やしてしまいます。刺激物はなるべく控えたほうがよいでしょう。

 ○便秘を予防する
  便秘をすると膀胱を圧迫したり、骨盤底筋を弱めて尿漏れをを起こしやすくする可能性があります。
  食物繊維の多い野菜や豆・海藻等・ヨーグルト等を十分にとり、排便を習慣づけて便秘になるのを防ぎましょう。

 ○適度な運動やスポーツをする
  運動やスポーツは肥満防止にもなりますし、腹筋や背筋等の筋肉が鍛えられ下半身が強くなれば、骨盤底筋のゆるみの改善につながります。又気分転換やストレス発散にも一役かってくれることでしょう。
  運動やスポーツをするときには尿取りパッド(肌に優しい下着専門店インナーサポート T-collection )等を使用し、強い運動は避けましょう。

 ○体を冷やさない  体が冷えるとおしっこの回数も増え、尿漏れの症状を悪化させる可能性があります。
  トマトやレタス・バナナ・みかん・スイカ等は体を冷やす食べ物です。尿漏れを悪化させる恐れがあります。

 以上のような点に気を付けて生活してください。

 尿漏れの症状が出てくると睡眠不足になったり、ストレスが溜まったりしてしまいがちです。リラックスして過ごしましょう。
 又外出やスポーツゴルフ・旅行いい気分(温泉)等今までしていたことも尿漏れが気になってできなくなっていませんか?ケア用品をうまく利用すれば、人にも気づかれず生活できます。今まで通りに自分の生活を積極的に楽しんでくださいexclamation×2
posted by ミーナ at 08:16| Comment(0) | 生活上の注意点 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。